府中~小金井~国分寺エリア引っ越し検討記【エリア検討編①】

すまい

東京都府中市紅葉丘、西武多摩川線多磨駅徒歩圏内のマンションに妻と居を構えたのが2015年6月。

2017年、2019年と2度の契約更新を経て、2021年6月の更新を前に引っ越しを検討することとなりました。

2021年5月現在、結果としてはすぐに引っ越しはせずに契約更新となりましたが、そこに至るまでの顛末を記録しておきます。

スポンサーリンク

引っ越しを検討した理由

子どもといる時間は Precious Time.

我が家が引っ越しを検討した理由の一つは、諸般の事情で部屋が手狭になってきたから(広い部屋に引っ越したい)です。まあよくある理由ですね。

2019年には令和ベイビーである息子も誕生し、家族構成の変化に伴い生活スタイルが以前のそれとは大きく変わりました。

もう一つの理由もそこにあるのですが、夫婦ともども、子どもと一緒にいる時間をもっと欲しいと考えるようになりました。

具体的には「自宅と保育園」「自宅と妻の職場」の距離を今よりも短くし、時間を捻出しようと試みたのです。

この2つのニーズを満たす物件を探すべく、ミッションがスタートしました。

まずはエリア検討

武蔵野の森公園。多磨の環境も捨てがたい

さて、まず検討しなければならないのは、どのエリアに引っ越すのか?です。

我が家の今回のエリア検討にあたり、先ほど挙げたように条件が二つありました。①息子の通園距離②妻の通勤距離です。

ちなみに今の住まいを検討していた時は、私がまだサラリーマンで都心に電車通勤していたため、都心へのアクセスや最寄り駅までの距離も重要な要素でした。

しかし個人事業主となった今では在宅メインなため、駅を使う頻度が激減し、公共交通機関の利便性・アクセスは必要なくなりました(その分家賃が安くなればいいな、と)。

家と保育園の距離を短くしたい

関の原公園@府中市若松町

息子の保育園通園は、私(自転車)か妻(車)どちらかで、その時々で対応できる方が送り迎えしていますが、自転車で20分、車で10分程度とそれなりに自宅から距離があります。

親の送迎の負担もさることながら、息子の負担も減らしたい。理想はもう少し大きくなったら歩いて行ける距離が良いな…という希望がありました。

ここで考えられるのは2つ、【A】保育園の近くに引っ越すもしくは【B】家の近くの保育園に転園する、です。

【A】保育園の近くに引っ越す、こちらがまずは現実的な選択肢となります。なぜなら親も子どもも負担が少ないからです。

【B】家の近くの保育園に転園する、これは負担が大きいです。まず、現在の東京では保活が必要になります。調査~申し込みにかかるコスト、入園できないリスクが発生します。

そして仮に転園できたとしても、環境が変わることは子どもの負担になると考えました。引っ越し自体も子どもに負担をかけてしまう気持ちがある中、あまりストレス要素を増やしたくない気持ちが妻と私にはあります。

もちろん引っ越し&転園の可能性もゼロではないのですが、何度も同じ負担をかけさせたくはないので、引っ越すとそれなり期間(5年~)その場所に住まないとな、と考えました。

例えば、「二人目の子どもができてまた手狭になった」とか、「学区の関係」でまた引っ越しはしたくないな、と。

そうなると必然的により広めが良かったり(3LDK~?)、小学校(公立)もそのエリアで通う前提、と制約が増えてきます。

学区も考慮すると、小学校&中学校への距離なども重要です。仮に保育園が近くても、小学校まで徒歩30分だとかわいそうだな…とか(親が勝手におもってるだけ&最悪同学区内で引っ越す手もありますが)。

ともかく、様々なパターンを想定しましたが、現在通っている保育園にとても満足していることもあり、まずは【A】プランを軸に検討することになりました。

妻の通勤時間を短くしたい

人見街道沿いのカーシェアMAZDA2

妻は府中よりも西の多摩地域に車通勤をしています。朝は都心と反対側に向かう車線でもそれなりに混雑しているようで、片道50分~1時間はかかっています。

DINKSの時はそれでも良かったのですが、やはり子どもが出来て状況が変化。妻は「子どもともっと一緒にいたい」と、そう考えるようになりました。

通勤時間が20分短縮できれば、往復40分の時間が生まれ、それだけ子どもや家のことに時間を割けるというわけです。

そして「1歳2歳のかわいい盛り、一緒にいたいよねぇ(*´Д`)ウフ」なんてのんきに考える私をよそに、妻はその先も考えていました。

息子が小学校に上がったら、小1の壁問題、学童問題、様々な困難が予想されます。その際にも、できるだけ自分が動ける体制を作りたいと。恐れ入ります…m(__)m

一応、ここでも考えられるプランを挙げると、【C】職場の近くに引っ越す、もしくは【D】職場をその他都合に合わせて変える(転職)です。

しかし転職は流石に違うレベルの話なので、今回は【C】プランで検討することになりました。

結論:「府中」「小金井」「国分寺」エリアで探す!

東八が使えると便利よね

ここまでで検討した内容を地図に落とし込んだのが上の画像です。

妻の職場により近づけるのであれば、国分寺市の西武線エリアや、小平市、立川市、東大和市、東村山市などが候補エリアになりますが、そこまでいくと息子の保育園が遠すぎます。

今回は転園しないプランとしたので、現状より妻の職場に近づきつつも保育園の近く、画像だと緑のエリアを候補としました。(ちなみにこの結論にいたるまで、野川の雰囲気に惹かれて三鷹市大沢エリアを検討したり、神代植物公園や国立天文台が好きなので深大寺エリアを検討したりと、紆余曲折ありました…)

で、この緑のエリアですが、ちょうど市境になるのですね。それも「府中市」「小金井市」「国分寺市」の3市にまたがります。

これは一大事。各自治体によって子育てへの取り組みや助成金、学校教育の現状など違いがあります。良く調べて検討せねば…。

というわけで、次はこの3市のいずれかに引っ越すことを前提に、様々な調査を進めることになりました。

(その②へ続く…)

コメント